読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんのおすすめ映画(・ω・)

素人目線でおすすめ映画たまにお笑いネタを紹介していきます!

湯を沸かすほどの熱い愛

どーも、ぽんです(・ω・)

 

今日は2016年10月からの公開でいまだに大ヒット上映中の作品!去年観たのに今更の紹介!!

 

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』

 

 【家族愛・感動・ヒューマンドラマ】

 【満足度:100%(^-^)!】

 

 

第41回報知映画賞では邦画作品賞・主演女優賞(宮沢りえさん)・助演女優賞杉咲花さん)・新人賞(監督中野量太さん)と4冠

 

第40回日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞(宮沢りえさん)・最優秀助演女優賞杉咲花さん)を受賞しました

 

 

【あらすじ】

 誰にでも愛される明るさと強さを持った双葉(宮沢りえ)は、突然の余命宣告を受ける。双葉は残酷な現実を受け入れ、1年前に突然姿を消したダメ夫(オダギリジョー)を連れ帰り、休業中だった銭湯を再開させることや、気が優しく学校でいじめにあっていた娘の安澄(杉咲花)を自立させることなどの、自分がいるうちに「絶対にやっておくべきこと」を実行していく…。

 

 

【見どころ】

見どころ満載なので

ネタバレしないように、僕が一番印象に残ったシーンのキーワードを。

ピラミッド』とだけ言っておきます笑

その『ピラミッド』のシーンでめちゃくちゃ泣いてしまいました。ただ、苦しいシーンで涙しているはずなのに、前向きな気持ちになる涙なんです!

 宮沢りえさん演じる双葉の強さに何度も心を打たれます!双葉のために何かしようとする家族の愛に心があたたかくなります!しっかりと苦しめられ、しっかりと考えさせられ、しっかりと感動させられ、しっかりと勇気をもらえる作品だと思います。

 

 

 

もし余命宣告されたら…。この作品を観ると考えさせられると思います。

僕の場合は「もし親が余命宣告されたことを自分が知ったら」について深く考えました。

まさにそのような境遇にたたされている方も少なくないと思います。しかも誰にでも急に起こりうることですよね。

 

ぜひ映画を観て、ふだんはあまり家族について考えない方も改めて考えてみていただきたいです。