ぽんのおすすめ映画(・ω・)

素人目線でおすすめ映画たまにお笑いネタを紹介していきます!

ラ・ラ・ランド

どーも、ぽんです(・ω・)

 

やっと観に行けました!!

『LA LA LAND』

【ラブストーリー・ミュージカル・ロマンチック】

【満足度:85%】(ちょっと低いかな?)

 

 

  「セッション」で一躍有名になったデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリングエマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優と売れないジャズピアニストの恋を歌とダンスで見事に描いています。なんと「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演してます。出てきた瞬間テンション上がりました(笑)。

第73回ベネチア国際映画祭エマ・ストーン最優秀女優賞

第74回ゴールデングローブ賞作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門

第89回アカデミー賞史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チャゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞、エマ・ストーン主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得。

 

「セッション」の記事は以前書かせていただきました。

www.osusumeeigapon.com

  

 

【あらすじ】

 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセブと再会し……。

 

 

【見どころ】

ダイナミックなプロローグ!

 渋滞につかまった人たちがAnother Day Of Sun(サントラ1曲目)合わせて急に踊り出すミュージカルシーンから始まるのですが、いきなりのダイナミックさに心が踊ります。舞台を観ているかのような迫力があります。カメラワークもすごい、、、ここで僕は後悔しました・ω・。席をネット予約したのですが、4列目から前しかあいてなかったので4列目に座りました。スクリーン全体と字幕を追うのが大変だしカメラワークに酔います、この作品はなるべく後ろに座って観ることをオススメします!出だしでちょっとテンション下がることになるので(笑)。

 

 

 ベタなラブストーリーかもしれないが新鮮!

 偶然会って、女性側が男性側に惹かれて、徐々に両想いになって付き合って、心やタイミングのズレで喧嘩して…。話の展開はベタに作ってあるが、普通のリアルな場面からミュージカルのファンタジーへの滑らかな移り変わりや、季節で場面を分けたり急に数年後に話が飛んだり、話だけでなく空も飛んだり(笑)、様々な手法がとりいれられているところが次々と観ている側のワクワクを生んで新鮮に感じさせるのかなと思いました。すごいぜデイミアン・チャゼル!!

 

 

ミアとセブが部屋で歌うシーンがこれまたイイ! 

 部屋でセブがCity Of Stars(サントラ9曲目)を弾き語りしているとミアが一緒に歌い始めて、しっとりとした曲を仲睦まじく歌うシーンがね、イイです!この曲は劇中で何度も出てくるんですが、この時の部屋で歌うシティオブスターズが一番イイ!!僕的にはかなり印象に残るシーンでした。

 「♪シ〜ティ オブ スタ〜ズ」という歌い出しなんですが、セキスイハイムのCMの「♪帰りた〜い 帰りた〜い」に似ていて、あったかい我が家を連想させられます(笑)。

 

 

演奏シーンはやっぱりイイ!

 ジャズを演奏するシーンは「セッション」の時もそうですがやはり高揚しますね!監督がかなりのジャズ好きなので曲作りからしっかりしてますしね!

 ミュージカル映画ということで音楽とダンスが軸ですので、「極上音響上映」をやっている映画館で観ることもオススメします!ここでラ・ラ・ランドを観た友達は、「まるで生演奏のようだった!」と興奮していました(笑)

cinemacity.co.jp

 

 

 

 

 僕の満足度85%と少し低めに感じると思いますが、僕が比較的ラブストーリーを観ないのと、何よりも期待度や周りの評判を含めての85%ですね。そして女性ウケの方がいい作品かなと思いますね。何はともあれ一見の価値はある映画だと思います。

 

ぜひ、ご覧あれ!!

 

〈関連するもの〉