ぽんのおすすめ映画(・ω・)

素人目線でおすすめ映画たまにお笑いネタを紹介していきます!

千鳥特集(クイックジャパンvol.136)を読んで、千鳥さんのスタイルは僕の人生の目標だと思った

千鳥さん大好きなんですよ

 

前職で千鳥大悟さんがいる現場で仕事したことあるんですが

その頃から大好きだったんでものすんごい嬉しかったこと覚えてます。

雰囲気もめちゃくちゃかっこよかった。

そんでめちゃくちゃ面白かった。

 

 

それはいいとして、

 

最近はビジネス書ばかりになってしまって

好きな小説さえも全く買わなかったんですが、

千鳥さんが特集されているということで買うことにしました

クイック・ジャパン136

何件か書店に足を運んだのですが売り切れていうことで、

お世話になりますAmazonさん 

 

 

表紙からたまらんですね

 f:id:ponsugi8x4:20180312223614j:image

 

特別付録には

 f:id:ponsugi8x4:20180312223634j:image

 

「いつでもそばに千鳥ステッカー」という

ちょいダサステッカーが付いてきます

 

 f:id:ponsugi8x4:20180312224547j:image

ちょいダサなところがまたいい。

人生のどこで使うんだこれは。

 

 

でもいろはに千鳥でのマタニティーヌードの写真も

ステッカーにしてほしいなぁー

天津木村さんも出てた時のやつ 

 

 

<特集内容> 

◆大悟さん、ノブさん各々へのインタビュー

◆千鳥を評価する芸人たちが挑む千鳥の漫才解説

◆千鳥の漫才リスト

◆「ロケの千鳥」を作った人たち

◆10組の芸人たちの千鳥愛

◆NEO決戦バラエティー キングちゃんについて

◆キングちゃんの戦友インタビュー

 

特集内容はこんな感じです!

 

赤裸々に語ったインタビューから

千鳥さんが大好きな番組、

『NEO決戦バラエティ キングちゃん』

のことまで60ページがっつり特集されてます

 

千鳥好き一般人の自分からすると、

千鳥さんが芸人たちに認められてる話を聞いたり

記事を読んだりできるのがうっれしくてたまらない!

 

 

千鳥大悟さんノブさんは

・自分たちが面白いと思ったことを周りに流されずにやり通す

・お笑いが仕事という感覚はあまりない

・二人の世界である漫才を楽しんでいる

・人の悪口言わない

 

 

と、他人を傷つけずに純粋に自分たちの世界を楽しんでいて

その世界を世間にも同業者たちにも完全に受け入れられていますよね

 

 

とにかく千鳥さんのこと嫌いな人たち、面白くないと思う人たちが芸人界でいないというのがめちゃくちゃかっこいい

 

 

僕もこんなスタイルで仕事もプライベートもしていけたらと

特集を読んでいて

 

「これは僕の理想であり、千鳥さんは目標なんだ」

 

と思いました。

 

 

自分たちのワクワクすることにとことん突き進んで

それに対していつのまにかファン出会ったり仲間が集まっているような

そんなスタイル、かっこいいですね。

 

僕もなります、こんなかっこいいスタイルの大人に。

 

 

このスタイルが受け入れられるには

努力も勇気も信念も必要だと思うんで、

必死こいてがんばろうじゃないか

 

クイック・ジャパン136

クイック・ジャパン136

 

ぜひ読んでみてください!

千鳥さんのこともっと好きになります(・ω・)

 

 

そういえば3/15(水)の『イッテンモノ』で

ゲストの斎藤工さんの雑誌のインタビューのようなガチ質問に対して、

大悟さんが

クイックジャパンかっ」ってボソッとつっこんでたのが

読んだ身として嬉しかったなぁ。

 

「僕それ読みましたよー」って。笑

 

 

では、千鳥さんの漫才の中で一番好きな漫才

給食費盗んだノブ」をどうぞ

youtu.be

 

 

最後に、

 

僕の夢の一つは、

千鳥さんと飲みに行けるようになることです。

 

「夢ひとつ」